野外ヌード、野外露出への第二段階は自分でスカートをめくりあげてのパンチラ!

野外記事
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

前回の記事では野外ヌード、野外露出の第一歩はパンチラ撮影!とうことで野外での普通のパンチラ画像についてご紹介しました。

今回はその次のステップということで、自らスカートをめくりあげてのパンチラ撮影について書いてみたいと思います。

ということで早速みていきましょう!

露出へのセカンドステップ!

前回の通常パンチラは普通に座ったり、しゃがんでもらってのパンチラ撮影でした。

セカンドステップとしては野外ヌード、野外露出をやっているということをモデルさん自ら体感できる(?)自分でスカートをめくりあげてもらってのパンチラ撮影です。。

ステップ2:自らスカートをめくりあげる!

では実際の画像をみながらコメントしていきます。

1.


こちらは有名なAV女優さんだと思います。

すこし恥ずかしそうに上目遣い気味でスカートを自らめくりあげてます。ここではストッキングをはいてますので完全なパンチラとはいきませんが、薄いピンクのパンティがしっかりと写っていますね。

寒い季節は女性はタイツやストッキングを履くことが多いので、これで十分だと思います。撮る側にとっては少し物足りないかもしれませんが、まだまだ最初ですから焦ってはいけません。寒いとモデルさんも辛いでしょうし、風邪なんかひかれたら困りますからね。

まぁ、モデルさんも撮影をしているうちに恥ずかしさからだんだん熱くなってくる可能性がないわけでもありません(笑)

ここでも注意点としては、タイツやストッキングを履いた状態では、パンティは白か、薄いピンクや水色などのパステルカラー系でないと目立ちません。グレーや黒はあまりお勧めできませんね。

 

2.

これは最近ご結婚されたグラビアアイドルの吉木りささんの画像ですね。

自分でめくってるって感じではないですが、夏っぱい涼し気でありながらもめくり上がったスカートに黄色とピンクの下着、白い太ももが目につくとてもきれいなちょいエロ画像にしあがてます。スカートの中は下着のパンティじゃなくて水着なのかもしれません。

ここではスカートの色と下着の色が異なる系統の色なのがインパクトがあっていい感じに思えます。

白系のパンティはパンチラの王道ですが、色付きのパンティの場合はスカートとは違う系統の色だと映える画像が撮れるのではないでしょうか。

3.

こちらはモデルさんは誰なのかしらないけれど有名なパンチラ画像。

自分でしっかりとスカートをめくりあげて、王道の白いパンティを披露しています。

しっかりとしたカメラ目線で少し恥ずかしそうに微笑んでる姿が印象的です。

バックが背中まで壁になっているのでモデルさんの前方に人がいない限りはカメラマン以外にみられることはありません。こういう場所は安心してパンチラ撮影できる場所だといえるでしょう。

4.

こちらも有名な自分でスカートをめくってのパンチラ画像。

しかもパンティはブルーと黒で大胆なカットのおそらくTバックと思われます。しかし、このスカートの記事の薄さをみると普通に透けて見えそうですね。

住宅街みたいな場所で大胆にスカートをめくりあげての撮影で、これはなかなか勇気のいる撮影ではないでしょうか。こういう場所ではほかの人にみられる可能性もあります。

カメラマンスタンバイ → 自らスカートめくりあげる → 撮る → スカート降ろす。

この一連の流れをスピーディに行う必要があります。スカートをめくってる時間は2,3秒が目安になると思われます。カメラマンさんはピンボケや手振れしないようにしっかり事前準備を整えて臨みましょう。

5.

最後は座っての自分でスカートをめくってる画像。

座って行う場合のメリットは、近づかないとスカートをめくってることが分かりにくいので、他の人にみつかる可能性が低い、上からしっかり太陽の光をあてることができるということでしょうか。

最初のうちは立ってやるより、このようなベンチなどに座った状態でスカートを自分でめくってもらうのもありかもしれませんね。

最後に

今回は野外ヌード、野外露出へのセカンドステップとしての自分でスカートをめくりあげてのパンチラ画像をご紹介しました。

自分でめくりあげるという行為自体が羞恥心と背徳感をあおり、モデルさんは恥ずかしいと思われることもあるかと思います。しかし、その少し恥ずかしそうなカメラ目線が素敵な写真につながると思いますので、目をそらさずしっかりカメラを見てもらうのがいいでしょう。

当然、恥ずかしそうに眼をそらしている画像もいいですが、カメラ目線がないのはあまりにももったいないです。まずはカメラ目線、それから目線をいろいろずらしてもらっていろんな写真を撮りたいですね。

ではまた。

(次の記事はコチラ↓)

野外ヌード、野外露出への第三段階!お外でお尻出し!(パンティ着衣編)
今回は野外ヌード、野外露出への第三段階パート1ということで、パンティ着衣でのお尻出し!

(前回の記事はコチラ↓)

野外ヌード、野外露出への第一歩はやっぱりパンチラから?
野外ヌード、野外露出を始めるにあたっては、やはりモデルさんにとってもカメラマンにとっても精神的にも物理的にも難易度の低いパンチラからをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました